SDGs(持続可能な開発目標)とは、“2030年までに達成すべき17の目標”:私たちにできる持続可能な社会への貢献

 

 

 

SDGsとは…

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にあげられた2016年から2030年までの国際目標のことをさします。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上で「誰一人として取り残さない」社会の実現を誓っています。すべての人が健康で幸せであり、持続可能な社会をつくるための企業や一人ひとりの行動指針です。

 

私たちが取り組んでいるSDGsの重点課題

あらゆる年齢の全ての人の健康を確保し、福祉を推進する

赤ちゃんから妊娠中・産後、シニアまで、あらゆる人に取り組める安全で効果的なヨガ・運動・ボディワークのプログラム提案をします。行政や企業、保育や介護などの福祉施設、地域のコミュニティとの連携をはかり、心身の健康づくりを推進いたします

 

 

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

子どもたちにとっては”楽しい遊び”を通して自ら学び、感じ、表現する教育の機会を創出します。また、様々な特徴を持った子どもたちに、教育的課題を見つけ、心身両面のサポートを行なっていきます。
社会人となってからも新たな学びの機会を提供し、生涯続けていきたいと思う仕事の創出や、自分らしい生き方を見出すサポートを行っていきます

 

ジェンダーの平等を達成し、全ての女性と女児のエンパワーメントを図る

男性の育児参加や、地域社会でのコミュニティづくりを通して、女性の力に頼らない家族のあり方を提案していきます。実際に子育てのシーンにおいて、男性がどのように関わって行ったら良いかわからず悩む方を具体的な方法やモデルを示してサポートしていく活動を行っています

 

 

すべての人の持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

ストレスを感じながら働く人も多い社会において、働く人の心のケアに重点を置いた福利厚生プランを企業に提案し、心身両面のケアを行います。また、ヨガインストラクターをはじめボディワーカーとして働くスキルと資格を付与し、インストラクターの知識・経験・地位向上のための学びの場を提供していきます

 

 

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

都市部にあっても過疎地にあっても、Face to faceのコミュニティー創出が、まちづくりにおいては欠かせない要素です。弊社では、日本国内・海外のインストラクターとともに地域のコミュニティづくりに貢献する活動を創出していきます

 

 

 

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

弊社公認インストラクターの活動における法的サポートを行い、不公平な契約や法的トラブルの解決の助けとなり、インストラクター側においても社会的責任、管理者責任についての認識を共有して、ボディーワーカーの法的理解を広めていきます。理不尽な雇用関係や、取引を是正し、すべての人が平和で公正な暮らしをしていかれるよう努めます

 

 

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

世代や国を、業種の壁を超え、ネットワークを育み、様々な企業や団体での連携のもとに、共通目標を掲げ、持続可能な社会づくりに貢献していきます